完熟、新鮮、相川梨園の梨で美味しい笑顔

磨きあげた伝統と技術

古くは江戸期から100年以上にわたる梨栽培の歴史がある当地。

昭和20年代の選果風景

時を重ねる中で、栽培技術を高め、また梨の樹への知識を深めてきました。

 

 

清流<神流川>が育む、豊かな大地と土作り

神流川の最下流域に位置する<宮>は長い年月をかけて上流より運ばれた、砂利や石が重なる水はけの良い層の上に、山々で育まれた肥沃な土壌が乗る、梨栽培に適した土地です。

更に、長い年月をかけて、有機物を主体とする土作りを行い、土中の微生物を活発化させ、根から樹を元気にする栽培を続けています。

太陽の恵みで樹上完熟させた新鮮果実

果実栽培の中でとても重要な太陽の恵みを、確実に集約させる枝の管理を行うと共に、実一つ一つを極限まで樹上で完熟させることで、うまみったっぷりの梨を収穫。採れたての鮮度でお届け致します。